NZを旅しよう

ニュージーランドで運転

ニュージーランドの交通ルールはいたって簡単。
その理由は日本と同じ左側通行で、ほとんどのレンタカーも日本車なのでちょっと気が楽かもしれません。
しかし、大きな違いも存在します。 それが右折優先です、交差点にもよりますが、ほとんどの場合自分の車両が交差点に入り右折しようとすると対向車は減速または止まってくれます。
この場合は信号と歩行者を確認して速やかに右折しましょう! あともう一つの大きな違いは、ラウンドアバウト。
そうです、まるいのです。 交差点がまーるくなっていて、すべて右回り・・・(左折して進入)となります。
さらに優先道路があります。 たとえば十字の真ん中にラウンドアバウトがある場合、自分の車線側に「Give Way」とあれば一時停止するか減速して右から来る車両を妨害することなくラウンドアバウトに進入しましょう。
ラウンドアバウトから出る場合も他の車に注意しましょう。 もしも出るタイミングがずれてしまった場合は、あわてずにぐるりともう一回りしましょう。
ラウンドアバウトにもあった「Give Way」は、片側通行でもみられます。 田舎道の橋などではよく見かけますので、かならず対向車がいないか確認してから進みましょう。
あと、町の中では左折可のサインも存在します。 最後にスピード関連について・・・町の中や田舎道、そしてカーブには制限速度のかんばんがいたるところにあります。
特にカーブにある制限速度は日本に比べ、とっても速いので雨天・冬季は十分気をつけてください。 また、制限速度の超過「スピード違反」は出費がかさみます。
レンタカーであっても、日本まで請求書がおくられてきますので気をつけましょう。 最近ではクレジットカードで違反金を支払うことができるようです。

前のページ
次のページ